現物株

NTTドコモ、強制決済で返金通知。

投稿日:

強制決済の文言が適正かわかりませんが、保有している株式を意志に関係なく決済されたのは今回で2回目です。TOBで申し込む手続きが煩雑そうで、市場で売却するには手数料が発生するなどあり、前回同様、そのまま放置を選択していました。この方法は時間がかかることを除けば、株主に一番負担が少ないのではと思っています。

 

NTTドコモ、強制決済で返金通知。

NTTドコモは、30株だけ保有していました。70株買い足して単元株にしようと思っていました。そうするとドコモ口座の問題がニュースで取り上げられ、ドコモの株価が下がっていました。

下がるのは一時的だろうかと買おうと思っていたら、ミニ株は指値ができず、時価購入になります。一抹の不安があり、100株の指値で1週間注文を出していました。

被害者からの問合せに、当初は「銀行に聞いて欲しい」と答えていたNTTドコモも、事件報道拡大に対応して9月10日には、不正利用の内容、被害者に対する補償、再発防止策について記者会見を開いた。9月11日午前0時の時点で、12の銀行で73件、計1990万円の被害が発生と発表されたが、14日午後には11行で120件、計2542万円の被害との発表がなされ、8月以前にも被害が発生していたことも判明。

 

そうしたら何日日目で約定していたようです。得に買えたら儲けものぐらいの意識だったので、購入も口座残高が減っていることで気が付いたくらいでした。NISA枠は普段使っているネット証券ではないので、気が向いたら資産状況を確認するぐらいでした。

そうしたら、約定してから10日くらいしてドコモを子会社化するニュースが流れました。

9月29日、日本電信電話株式会社(以下NTT)はNTTドコモ株式会社(以下ドコモ)に対するTOBを通じて、ドコモを完全子会社化すると発表しました。

 

交付金銭計算書

取得時期 取得費用 3,900円で買取
30.1.5 82,620 117,000 +34,380
2.9.18 270,400 390,000 +119,600
353,020 507,000 153,980

返金通知は令和3年3月3日に届いています。

 

今回はいろいろな偶然が重なり、短期間で15万円を超える利益を得ることができました。ラッキーでしたが、保有していたい企業だったので、複雑感も否めません。

こんなことは偶然しかありませんので、これを狙ってというのはできませんが、投資をしていたらこういうこともあるという出来事でした。

これは、今手続きをしている積み立てNISAの原資にするべく郵便局の口座に入れる予定です。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ご訪問いただきありがとうございます。ポチっと押していただけると、更新の励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村



-現物株

Copyright© 悠々自適なリタイア生活を夢見て投資に挑戦しよう , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.